×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

部署 busyo 舞台を作る際、仕事内容によって様々な部署に別れます。 演出 舞台監督 制作 音響 照明 舞台美術 衣装メイク 広報 役者 ...etc  この他にも様々な部署が存在しますが基本的な部署はこれです。 ここで簡単に説明していきますね。
演出 脚本から受けたイメージを、音響・照明・美術・役者と細かく話し合い、具現化させることが仕事。 (メンバー全員の統括、練習メニューの作成、作品の責任者)
舞台監督 各部署の作業状況の把握やホール入りしてからのタイムスケジュール作成など、舞台全体の進行の管理と、舞台上で起こる進行の一切を統括することが仕事。
制作 公演の予算管理(会計)、練習場所や公演会場の確保・打ち合わせなど、宣伝活動のための外回り、公演当日の受付けなど。
音響 BGMやSE(効果音)のプランニングと編集・加工。音響機材の仕込みと、本番当日のオペレーション。
照明 舞台上や客席の照明をデザイン。照明機材の仕込みと、本番当日のオペレーション。
舞台美術 大道具や小道具のデザインプランと製作。完成した舞台装置(大道具)の仕込みなど。
衣装メイク ※厳密に言うと、舞台美術の仕事の一種です。登場キャラクターの衣装デザインを考え、それに沿って衣装の作製や調達をする。また、ヘアメイクのデザインプランや実際のメイクも行う。
広報 公演フライヤー(チラシ)のデザインと作製(印刷業者に発注することも)。公演パンフレットのデザイン・作製。制作と共に宣伝活動を行う、など。
役者 「演じる」 ・・・ただそれだけ。
※プラン…設計 ※オペレーション…大まかに言うと指示出し ※仕込み…作った舞台セットを舞台上に建てる事。 各部署には トップ、 プランナー(プラン) が存在しており、 プランナーは設計、デザインを決める人。 トップは作業をしていく上でリーダーに当たる人です。   ---2009年度 説明会冊子引用